忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
試験独学のためのテキスト・参考書・問題集のご紹介
------------------------------------
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行政書士の花道行政書士の花道
澤田 尚美
ダイヤモンド社 刊
発売日 2005-02-17




前向きで現実的で人間味がある、さわやかな本 2007-01-19
行政書士の仕事が何となく理解でき、小説としても面白い。



物語の根底にあるのは、ビジネスが相互の助け合いであるということだと思った。

つまり自分一人が金持ちになりたいとか、他人を出し抜きたいとか、そういった発想でなくても、立派にビジネスができるという、心が明るくなる内容だった。



文章表現も、読みやすくて、ユーモアがあって、しかも的確なので、良かった。



行政書士という仕事に対して好感が持てるようになった。

行政書士の仕事内容が良くわかる 2006-09-29
 何か「士業」といわれる資格をとりたいと思い、資格の本を読んで行政書士に興味を持ちました。そして、いろいろ調べているうちに将来行政書士の仕事をしてみたいと思うようになりました。しかし、資格の本などを読んでも具体的なイメージがわきませんでした。だからまずは行政書士を主人公にしたドラマ、小説などを見てみようと思いました。

 本書を読んで、行政書士の仕事内容が良くわかりました。また、より行政書士になりたいと思うようになりました。

 行政書士になりたいと思う人にはお勧めします。ごく自然に行政書士の仕事内容が理解できます。

人と人が織り成すドラマ 2006-09-21
法律に携わる仕事と言っても結局実際は人と人がコミュニケーションをとりながらする仕事に変わりはない。そして、そこにはさまざまなドラマが発生する。行政書士の仕事を紹介しながら、それに絡むいろいろな人間模様が面白い。許認可などを行政に申請する仕事っていろいろ条件をクリアしなきゃいけなくて面白そうだなぁと思った。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
 762  202  256  278  78  164  ≫
HOME
ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
------------------------------------
忍者ブログ [PR]